不動産担保ローン 新宿鮫 大都会の闇に大沢在昌を撃つ ! 忍者ブログ
作品はハードボイルド。しかし本人は釣りとゴルフと麻雀と酒とゲームを愛するちょっとおちゃめな作家・大沢在昌の著書を紹介します。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

影絵の騎士 |大沢 在昌
影絵の騎士影絵の騎士
大沢 在昌
集英社 刊
発売日 2007-06
オススメ度:★★★




設定に無理が 2007-09-14
近未来の東京は、「B・D・T」と呼ばれる混血者の住むスラム街と、純粋日本人が住む地域、映画スター達の住む「ムービーアイランド」と呼ばれる治外法権の人工島に分割されていた。
かつて、B・D・Tに住み、今は、亡き妻の思い出の残る、オガサワラにすむ元私立探偵ケンの元に、女優を妻にした、かつての知り合いのケンが、妻の身を守って欲しいと依頼に来る。
島から出たり、島に入ったりの話が最近多いな。
どうもしっくりこないな、近未来の設定が、邪魔をしているのか、ストーリーがチープに思えて仕方ない、設定も登場人物も。主人公に感情移入が全然出来なかった。


世界は変化するけど、探偵は探偵である物語 2007-07-26
恋人を失い傷心の探偵へ、有名女優の夫からの警護の依頼が。
有名女優の住む島へ渡るが、そこには、独自の警察や対立するマフィア勢力が。
その中で、有名女優の絡む事件の真相を追究する主人公に、次々襲い掛かる影。
主人公は生き残れるのか、そして事件の真相と黒幕は?

起伏に富んだストーリーで、ボリュームもありますが、楽しく読めました。
感傷に浸っていた主人公が、ジョジョに「生き残るためのリアリスト」として、変貌していくところも読みどころです。

未来社会の様子、コンテンツ系ビジネスの攻防、その歴史など、興味深く読めます。昨今の経済状況を考えれば、「さもありなん」という未来を見せてくれます。
島にわたるまでにも、一山あり、読み応え満点でした。

雨に汚れたビルの狭間 2007-07-22
何も物語の展開だけがハードボイルドではない。
会話の微妙な機微で熱くなる話もある。
推理ではなくハードボイルド、それよりも近未来SFタッチ。
深い設定ではなく、あり得る設定上のウソは承知の上。
その中に、大沢流のハードボイルドが存在している。
推理小説ファンやこのミス系は立ち入らない方が無難。
そう、この季節の雨に汚れたビルの狭間に、想像力をかきたてられる人間が読むべき本。


さらに詳しい情報はコチラ≫
PR
君へ。―つたえたい気持ち三十七話 (ダ・ヴィンチブックス) |有栖川 有栖 /村山 由佳 /大沢 在昌 /大槻 ケンヂ /大林 宣彦 /乙一 /鴻上 尚史 /瀬名 秀明 /鈴木 光司
君へ。―つたえたい気持ち三十七話 (ダ・ヴィンチブックス)君へ。―つたえたい気持ち三十七話 (ダ・ヴィンチブックス)
有栖川 有栖 /村山 由佳 /大沢 在昌 /大槻 ケンヂ /大林 宣彦 /乙一 /鴻上 尚史 /瀬名 秀明 /鈴木 光司
メディアファクトリー 刊
発売日 2004-03-26
オススメ度:★★★★




シリーズ中でも珠玉の一冊 2007-08-22
このシリーズは素晴らしいの一言に尽きるが、その中でも珠玉の一冊。

集めただけで勝負ありともいえる、とにかく豪華な執筆人。

その彼らによる、エッセイあり掌小説風あり、短いとはいえ、

「コミュニケーション」という統一テーマに支えられた37編の秀逸な文章。


行間が広いと文句を言うな。これだけバラエティに富みながら

質の高い一冊はなかなか見つけられない。

とにかくすばらしい 2005-09-22
のコミュニケーションをテーマにしたエッセイ集ということでFAXやメールといった現代のコミュニケーションツールをモチーフとした作品が多いです。本当にそうそうたる面子が書いています。ひとつ1500字くらいの読みやすい分量に、各作家の個性が詰まっています。写真と直筆で作家の一言で締めくくられているところも素敵。とにかくすばらしい一冊です。

電車の中、ふと泣きそうになった 2005-05-14
メールが来てたらうれしい、来てないときは寂しい。いくら世の中が便利になっても、人は“繋がり”がないと生きていけない。大事な人と繋がりあえることの幸せをあらためて感じさせてくれる一冊。


さらに詳しい情報はコチラ≫


[PR]FXCM
帰ってきたアルバイト探偵 (講談社文庫) |大沢 在昌
帰ってきたアルバイト探偵 (講談社文庫)帰ってきたアルバイト探偵 (講談社文庫)
大沢 在昌
講談社 刊
発売日 2006-10-14
オススメ度:★★★★




大沢マジック? 2010-01-06
懐かしい小説なのだ。

これは青春小説なのだろうか?それとも高校生や中学生や小学生が読む小説なのだろうか?

ぼくは高校生の頃に読んでいた小説に似ている。


大の大人、それも中年のオヤジが読むべき小説ではないなと思いつつも、懐かしい気持ちになって読み通してしまった!


主人公である「骭N」は高校生で、しかもさわやかな、物わかりと頭のいい、度胸もある、スーパー高校生。

ちょっとリアリティに欠けるものの、そういうキャラクターでなければ、このシリーズ自体が成り立たないだろうから、やむを得ない。

また青春小説にふさわしく、人が死んでいるのに凄惨さはちっとも感じられない。

なんでかなーと思いつつ、最後まで読んでしまう、著者のマジックに引っかかってしまう本だ。

やはり楽しい! 2008-02-10
大沢氏の作品の中にはヘビーなストーリーもありますが、このアルバイトアイシリーズは

気軽に誰もが楽しめるものとなっています。

どんな危険な場面でもハチャメチャな主人公の親子は冗談を言いながらタフでクールな活躍を

してくれるので読んだ後も爽快ですし、再度読んでも飽きない作品です。

新宿鮫のようなハードボイルドも好きですが、こういう軽いノリの中にも男の格好良さがある

作品もオススメです!

リョウ君復帰です。 2007-11-16
約十年ぶりのアルバイトアイですね(単行本からでは15年ぶり?)。


軟派だが一本筋が入った高校生リョウ君と元行商人の不良親父が、あり得ない設定で今回も活躍しています。ハードボイルドながら軽いノリで楽しく読めます。


前作(拷問遊園地)では、ケータイが出てこなかったはずですが、今回はケータイをばんばん使っているリョウ君が結構笑えましたw


さらに詳しい情報はコチラ≫


Kの日々 |大沢 在昌
Kの日々Kの日々
大沢 在昌
双葉社 刊
発売日 2006-11
オススメ度:★★




Kimikaの日々 2008-03-14
さくっと読めるお手軽な大人のエンタメを書かせると

うまいです。大沢さん。

この「Kの日々」も肩の力を抜きまくって書かれており、

ほぼ会話だけで物語が進行しておりました。もはやリアリ

ティーとか緊張感なんてものは超越しちゃってます。


そんな中、「君香」とのエピソードだけが妙にリアル

に感じられたのは、もしかしたら実体験に即して

書かれたからなのでしょうか・・・・?

正直、ケイには人間味を感じられなかったけれど、君香

には生々しい存在感を感じることができました。


是非、君香を主人公にして続編を書いてください。

あ〜やっぱり 2007-03-03
「狼花」で大沢さんが、復活したと思ったのに・・・。


三年前のやくざの組長誘拐。犯人は、当時の組員二人と、絵図を描いた謎の「メール男」、そして、東京湾に浮かんだ中国人マフィアの李。身代金の8千万は、行方不明。李の恋人の「K」が、その行方を知っているのか?元組員二人から身代金の行方を依頼された、裏稼業探偵「木」。更に、悪徳刑事、組長の息子も登場して身代金の行方を追う事に。そしてKに惚れてしまった木。


面白くなるはずなんだけどな?何だろう?不満だけが残った。





さらに詳しい情報はコチラ≫


心では重すぎる (カッパ・ノベルス) |大沢 在昌
心では重すぎる (カッパ・ノベルス)心では重すぎる (カッパ・ノベルス)
大沢 在昌
光文社 刊
発売日 2003-01-21
オススメ度:★★★★




渋谷の青少年文化、麻薬汚染、携帯電話、宗教・・様々な現代世相を扱った力作 2004-02-17
「探偵とは生き方だ」と言う失踪人探索専門の私立探偵佐久間公。作品中、さまざまな人物に尋ねられるたびに、自分のスタンス、生き方について何度も主張する。信念と正義感を持ち、脅しや暴力に屈せずに真実に突き進む姿は、東西のハードボイルドな私立探偵のキャラクターに合い通じる。
人気絶頂を極めた後に世間的に消えた漫画家を探すという依頼を好事家より受ける。一方で、薬物依存者向けの民間施設に身を置き、ある少年とかかわりをもつ。その少年を精神的に支配しているという謎の女性。ヤミで売買される漫画の原画と人気絶頂の果て消えていった漫画家の行方。冒頭から引き込まれる展開。
漫画製作の現場、出版界における漫画の扱い、漫画作家と編集者という“濃い”テーマを扱いながら、それだけに留まらず、渋谷を舞台に中高生の麻薬汚染、クラブ、チームという仲間意識、携帯電話普及後の若者気質といったものにも深く切り込んでいく。やがて著者得意の暴力団という暴力集団も登場。宗教、ポルノ、様様な現代世相の一断面をなで斬っていく。
最初はまったく関係のないと思われていた2つの出来事が最後には同じ事件にいきつくところは出来すぎという嫌いはあるが、何重にも施された仕掛けがだんだんと明らかになっていく過程のすごさと、全編を流れる気迫に圧倒される。
単なるミステリーやハードボイルド探偵小説という枠に留まっていない力作。

佐久間公シリーズの長編第4作目 2003-01-21
ä??ä?...é-"å...¬ã??ã?ªã??ã?ºã?®é??ç?¨ç¬¬ï?"ä??ç?®ã?§ã??2000å?'11ã??å??è¡?ã??ã??ã??å??è¡?æ?¬ã?®æ-°æ?¸å?-ã?§ã??ã??éº?è-¬ä¸?æ¯'æ?£è?...ã?®æ?'æ?£æ-?è¨?ã?§å??ã??ä??ä?...é-"ã?®å...?ã??失踪ã?-ã??æ??ç"?家ã??ã??ã?®ã??ã??ã??ã??ã?®æ??ç'¢ã?®ä??é??ã??å±?ã??ã??ã??ã??ã??ã??ã??æ-?è¨?ã?®å°'å?'ã??æ?±äº¬ã?®ã??é£?ã??ä¸?æ§?ã??ã??ã??ã??ã??ã??ã??æ-?è¨?ã?'è?±è?°ã?-ã??ã??ã??ã?"ã?®äº?人ã?®æ??ç'¢ã??ã??éº?è-¬ã?"ã?¸ã??ã??ã??å?¡ã?£ã?¦ã?ªã??ã?¯ã?-ã?¦ç?©èª?ã??å±?é-?ã?-ã??ã??ã??æ?'濤ã?®1300æ??ã?¯ä¸?ç'?ã?®ã??ã??ã??ã??ã?¤ã??ã??ã??ä??ä¸?ã??ã?£ã?¦ã??ã??ã??æ?£ã??èª?ã?¿å¿?ã??å??å??ã?§ã??è??ã?£ã?¦æ??ã?®ã?ªã??ä¸?å??ã?§ã??ã??ã??ã??ã?-ã??ç§?ã??ã??ã??ä??ä?...é-"ã?®å?'é?¢ã??é?"ã?-ã?¦ã??ã?ªã??ã??ã??ã??ã??æ-?è¨?ã?®å°'å?'ã??ã??é£?ã??ä¸?æ§?ã??ã?®å??å??é??ç"?ã?®ã??ã??ã?¨ã??ã??ã??説æ??è??ã??é??ã??ã?¤ã??ã?¨ã?"ã??ã??ã??ã??ã??ã??ã??ã??ã??ã??ã??ä??è?...ã?¨å??å?'ä?£ã?®æ?¢å??ã?¨ã?-ã?¦æ?¸ã??ç¶?ã?'ã?¦ã??ã??ã?"ã?¨ã?§ã??ä??è?...è?ªèº?ã?®æ??ã??å...?ã??ã??ç?¸å?"å??ã??ã??ã??ã??ã?¨æ??ã??ã??ã??ã??ã??ã?"ã?®ç??ã??é-¢ã?-ã?¦ã?¯å??ã?¿ã??å??ã??ã??ã??!ã?!!¨ã?"ã??ã??ã?¨æ??ã??ã??ã??ã??ã?"ã?®å??ç§?ã?¯æ??ï?"ã?¤ã??ã?-ã??ã?-ã??ã??
å??è¡?æ?¬ã?¯æ??ã?¡æ?©ã??ã??ã?¯ã??ã??ã??ã??ã??ã??é??ã??ã??ã??ã??ã?§ã?-ã??ã??ã??æ-°æ?¸ç??ã??ã?ªã??ã??é??é??ã?¯è??æ¸?ã??ã??ã??ã?-ã??ã??æ-?åº?å?-ã?®é??ã??ã?¯ã??ä¸?ã??ï??ä¸?ï??ã??ä¸?å??ã?§ã??é¡?ã??ã?-ã??ã??ã??
ä??è??ã?§ã??ã??ã??æ??å'?55å?'ã??å??ç??ã??ã??ã??å??å??ã?¨ã?ªã?£ã?¦ã??ã??ä??ä?...é-"å...¬ã??ã?ªã??ã?ºæ??å??ã?®é??ç?¨ã??æ¨?ç??è?°è?¯ã??ã??å...?æ??å??ç?ºè¡?ã??ã??ã??ã?-ã??ã??ä?-ã?®ä??ä?...é-"å...¬ã??ã?ªã??ã?ºã?¯ç??ç?¨ã??ã??æ??å??ã?®è¡-è§'ã??ã??æ??æ??ã?®è¡-è§'ã??ã??é??ç?¨ã??ã??æ¨?ç??è?°è?¯ã??ã??è¿?è?¡è?...ã?®è¡?ç?±ã??ã??é?ªè??ã??ã?§ã??ã??


さらに詳しい情報はコチラ≫


[PR]楽天
新宿の現在時刻


Yahoo!ブックマークに登録
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

ブログ内検索

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
最新コメント

最新トラックバック

バーコード

カウンター